«

»

4月 08

土壌汚染調査における自主調査と義務調査の違い


皆さんこんにちは!気温がどんどん上がって来て昼夜の温度差が無くなってきたと感じる今日この頃ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回は自主調査と義務調査の違いについてお話しさせていただきたいと思います。

 

まず義務調査とは以下の三つに当てはまった時【特定有害物質を取り扱ったことのある工場などが廃止されたとき、一定規模の土地の形質変更を届け出る際に汚染の恐れがあると都道府県知事等が認めたとき、土壌汚染により、健康被害の恐れがあると判断されたとき】に調査をしなければならないと法で定められています。

次に自主調査ですが上記の三つに当てはまらない場合に行われます。

良く行われる契機としましては、土地の売買、土地の資産価値を知るため、土地の改変中に埋設物が見つかったためという事、また義務調査をするよう行政にでよく行われます。

自主調査をすることで土地の状態を知っておくことは私たちにとっての健康診断と同じでとても大切なことです。

自主調査契機による相談など分からないことがございましたら是非ジオリゾームへお問い合わせください。

S.T


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>