«

»

4月 18

土壌汚染調査の結果、汚染が超過した場合は居住することはできないの?


みなさんこんにちは。

特定施設を廃止する場合は土壌汚染調査の義務が生じます。地下水モニタリング

その結果、くしくも汚染が確認された場合、当該行政で区域の指定を受けます。指定は周辺で井戸の飲用等の利用が無い場合、形質変更用届け出区域という扱いになります。

 

ところで形質変更の区域指定を受けた場合、当該地では居住することはできないのでしょうか。

答えは居住できるです。また、買い手様の方は了承しているのであれば売買を行うことも可能です。

汚染があるとできないイメージが先行してしまいがちですが、決して危険ということだけが先行してもいけません。相談事があればジオリゾームへご連絡くださいね。

宜しくお願いします。

 

TU


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>