«

»

5月 23

地歴調査の評価は定性的になってしまいます。


みなさんこんにちは。

地歴

土壌汚染調査の中で過去変遷を確認し評価する地歴調査というものがあります。

お客様によっては地歴調査のみのご要望がありますが

調査対象地の評価は「かもしれない。。。」のような定性的な評価になりがちです。

 

もう少し根拠をもってこの土地は汚染がないので大丈夫ということを言えないでしょうか。

無論地歴調査は可能性を評価するものなので調査自体が悪いというわけではありません。

そこで当社から提案したいのが、地歴調査で怪しいところがあった場合、実際にその部分で

土を採取し分析にかけて診るという物です。

可能性がある物質のみを調べるので、費用的にも抑えることができますし、評価の精度も向上します。

株式会社ジオリゾームではフェーズ1.5という形で取り扱っていますが、土壌調査を検討されているのであれば一度検討されてみてはどうでしょうか。

 

お問い合わせ、ご相談がおありの方はぜひこちらの方までご相談ください。

 

TU


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>