«

»

7月 06

パークレンなどVOCによる土壌汚染調査と浄化


みなさんこんにちは

梅雨の時期ではありますが、都内は

雨の日など少なく、水不足など心配ですね

images

これから暑くなって来れば夏本番ですね!!

 

土壌汚染調査では、天候で調査の手法が変わったりします。

第1種特定有害物質は土壌中のガスを採取し、

分析を行います。

しかし、雨天ですと土壌中のガスが吸引できない場合が

あります。

そんなときには地下水を採取し、調査を行う場合があります。

土壌ガスは地下水に乗り、1km先まで移動する場合があります。

 

第一種特定有害物質はVOCと呼ばれる種類の物質で、

揮発性有機塩素化合物という意味があります。

これらの物質は水より密度が低く、浮いてしまい、

地下水にのり、より遠くへ拡散してしまいます。

 

地下水にまで汚染が広がっていると、対策が難しく、

敷地外にまで広がってしまった汚染は、

浄化できないというとのが現状です。

 

工場や作業場などで薬品や工場を使用されている

場合には土壌汚染を起こさないように

十分注意して使用することで、健康被害を抑え

土壌汚染対策の費用を抑えることができます。

土壌汚染について気になることがあれば、

ジオリゾームにご相談ください。

またジオリゾームでは土壌汚染調査についての冊子も

作成しております。

ご希望でしたら、お気軽にお問い合わせください。

森上


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>