«

»

11月 19

土壌汚染の浄化時に建屋は解体しないといけない?


みなさんこんちは!

gatag-000067511

土壌汚染調査は建屋がある場合は建屋を残したまま

調査をすることが望ましいですが、土壌汚染が出た場合は

建屋はどうすればいいのかという質問を受けることがあります。

土壌汚染調査については建屋を解体するとその際に表面の

土壌がその下の土壌と混ざりあったりして調査の精度が

落ちることがあるので建屋は残したままで調査をすることが

多いですが、浄化などの対策の場合、土の入れ替え等では

建屋があると土の入れ替え等ができないためできません。

ただ、土の入れ替えではない方法で場合によっては建屋を

残したままでも対策ができる場合もあります。工場の操業中で

土壌汚染が判明したが、そのまま操業しながら対策を

行いたい場合等は建屋を残す手法を模索します。

調査時でもその後の対策でもお客様のご要望を

取り入れながら進めていきますのでジオリゾームまで

お気軽にお問合せして頂ければとおもいます。

佐伯


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>