«

»

11月 22

土壌汚染対策工事開始前の地域特性の確認


お元氣様です。0721

最近起きました博多の陥没事故についてですが、

あの事故は柱状図(対象地の土質を確認する図表)を

参考に工事を進めていたのですが、ある地点から

粘土層が薄く地下水と砂が流れ込んできて

陥没の事故に繋がったようですね。

土壌汚染対策工事においても対策前の

現地の水位の高さや土質の条件に

よって工法や工期日数は大幅に変わってきます。

事前に地域の特性をよく把握した上で対策工事に掛かる

必要性が出てきます。

皆さんも事前の準備には特に気を配っていきましょう!

土壌汚染のことについては株式会社ジオリゾームへ!

 

望月巧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>