«

»

3月 24

各業界も土壌汚染への対策・対応はしています。


みなさんこんにちは!

本日は有害物質使用の自主規制について

話をしたいと思います。

日本では土壌汚染対策法が2003年で施行され

それにより特定有害物質を使用している(していた)

作業場などが廃止する際に土壌汚染調査が

義務付けられました。

それに対して特定有害物質を使用している

業種はどのように対応しているのでしょうか。

例えば鍍金業では新しくメッキ工場を建設する際に

床に特定有害物質が浸透しにくい素材を土間の中に

入れたり、クリーニング業界では土壌汚染の原因となる

テトラクロロエチレンを将来的には

使わないようにするようです。

代替え商品も開発されており、すでに多くの所では

テトラクロロエチレンは使用していないようです。

ですので、特定の業種をしているからと言って

必ずしも土壌汚染があるというわけではありません。

しかしながら、土壌汚染というものに対して

特に何も言われていなかった時代から

稼働していたような場所では、そういった

土壌汚染をしないようにしなければならないという意識は

なかなか生まれないため、土壌汚染が引き起こされる

可能性も高くなってしまいます。

土壌汚染は現在の工場の稼働だけでなく、その土地で

かつて操業していた内容にも大きく影響を受けています。

ジオリゾームはその土地の過去の履歴も調べつつ調査を

実施致しますので過去の土地利用での土壌汚染について

心配な方は是非ご相談ください。

佐伯

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>