«

»

4月 03

区域内土壌入れ替え措置とは?~土壌汚染浄化~


お元氣様です!

汚染土の処分費がネックになっている…

そんな時に含有量の汚染の場合に出来る方法が

区域内土壌入れ替えです。

区域内土壌入れ替えとは表層面が

第2種特定有害物質の含有量により汚染がされている

場合等に用いることが出来る措置方法になります。

措置のフローは以下になります。

① 表層部の不適合土壌を掘削し、一時仮置き。

② 詳細調査時に汚染が無いと判断された土壌を

 掘削し、①と分けて仮置き(50cm以上)。

③ ①を埋め戻し、砂利等を敷くことで境を明白にする。

④ ②の土壌を埋め戻す。

という流れで、対象地の上下の土壌を入れ替えるです。

汚染土を場外に搬出・処分することが無くなる為、

汚染土の処分費や健常土の購入費が必要無くなります。

但し、汚染土が無くなったわけでは無い為、

区域指定は解除されず形質変更時要届出区域となります。

以上!

土壌汚染の事なら株式会社ジオリゾームへ!

望月


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>