«

»

4月 11

ダイオキシン類の毒性とは。


こんにちは

今日は、ダイオキシン類の毒性について

お話します。

 

ダイオキシンが一時期に連日連夜騒がれていたのを

覚えていますでしょうか。

枯葉剤に含まれているとして、

「発がん性物質の危険性が~」と言

叫ばれていましたが、

最近めっきり聞かなくなりました。

理由としては、ダイオキシンの研究が進み、

物性や毒性を把握できつつあるからです。

ダイオキシンが騒がれていた当初はモルモットで、

毒性実験をしていたそうですが、

その結果を人に当てはめると、

12kgで1億人が死に至る毒性とされました。

そりゃ大騒ぎになりますね(;´・ω・)

後の研究で、モルモット以外の動物で

毒性実験をした結果、モルモットに対する程の毒性は

見られなかったそうです。

人に対する毒性もそれほどではないとされています。

実際に人体実験をできるわけでもないのでわかりません

が、一昔前には家庭や学校の焼却炉でゴミの

処分をしていた日本が

世界一の長寿の国とされているので、

人に対する毒性も、モルモット程ではないのでしょうね。

 

人がダイオキシンを摂取してしまう経路では、

空気中に飛散しているものを吸ってしまうことが

一番多いと考えられますが、飛散していたダイオキシン

もいずれは土壌に付着してしまいます。

土壌汚染対策法では、ダイオキシンに関する規制は

ありませんが、ダイオキシン類対策特別措置法という

法律に土壌に関する規制があります。

ジオリゾームでは調査に必要な情報を集め、

必要であればダイオキシン類の調査をお勧めしています。

土壌調査について気になる点があれば、

是非ジオリゾームにご相談ください。

森上

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>