«

»

5月 16

土壌汚染調査(義務調査と自主調査)の違いについて


こんにちは

今日は土壌汚染調査の種類についてのお話です。

土壌汚染調査には大きく分けて

義務調査と呼ばれるものと、

自主調査と呼ばれるものがあります。

義務調査は有害物質を使用していた特定施設を廃止する

際や3000m2以上の土地の形質変更をする際に

必要な調査で、行政からの命令により

調査を行うものです。

一方自主調査は土地売買やM&A、土地の資産価値の評価な

どに使われるものになります。

 

特定施設の廃止の際であっても、

土壌汚染対策法施工以前に廃止されたものであれば、

調査の義務は発生しません。

しかし、過去に特定施設があった土地であれば、

土壌汚染が見つかる可能性は十分にあります。

土地の購入したいと考えられる方は

是非一度調査を検討されてはいかがでしょうか。

土壌汚染調査のことでわからないことがありましたら、

是非ジオリゾームにご相談下さい。

森上


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>