土壌汚染と金アマルガム法によるメッキ


アマルガムメッキ
アマルガムメッキ

みなさんこんにちは

H26年度の土壌汚染調査技術管理者試験 午前の部
問7にアマルガムについての問題がありましたね。

アマルガムを用いた金メッキというのは、「けしめっき」
とも呼ばれ、水銀に金を近づけていくと溶けるように金を
吸い込み、金アマルガムとなるそうです。
メッキを施す銅などを磨き上げ、金アマルガムを均一に
延ばし熱を加えると水銀が蒸発し金色に変化するらしいです。
誰が考えた手法かはわかりませんがすごいですね。

 

よって選択肢の一つ

アマルガムを用いた金メッキが行われていたとの情報から、
六価クロム化合物を推定した。

というのは不適当なものの一つですね。

六価クロムではなく水銀ですね。

ご参考程度に

こういった余談も大好きな人が働いている弊社を少し紹介します。土壌汚染についてわからないこと、相談したいことがあれば
お気軽に連絡ください。リンクを貼っておきます。

株式会社ジオリゾーム

東京営業所MM


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA