2月 04

土壌汚染浄化対策の現場


みなさん

こんにちは!!!井戸

今週は土壌汚染対策工事の現場にて、

井戸からの地下水採取をしていました

現場は重機が所狭しと動き回っており、

注意しておかなければ、

トラックにぶつかりそうになることも汗

汚染されている可能性の高い地下水を採取する場合、

一度使うと汚染物質がどのような形で付着しているか

わかりません。

 

ホースを洗わないで次の現場に行くと、

実際には基準値未満の試料が

ホースに付着していた汚染物質が紛れ込み

基準値を超える濃度で、検出されてしまいます。

このようなことをコンタミネーションといいます。

ジオリゾームでは、地点ごとにホースを洗い、

場合によっては使い捨ての道具をつかったりします。

事務所に帰ってからは、より入念に洗浄をすることで

コンタミネーションを防いでいます。

 

地下水は敷地に関係なく動いていますので、

汚染源から数kmまで達することもあります。

地下水を生活用水とされている場合には

地下水調査をされてはいかがでしょうか。

お気軽にご連絡下さい。

MY

  どんなことでもお気軽に、お問い合わせください


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA