2月 22

土壌汚染と時代の流れ


みなさんこんにちは

最近は染物工場等の伝統工芸的な事業所廃業などから土壌汚染調査の相談が多くなっています。

 

koujou

 

創業当時は問題がなかったかもしれませんが昨今は顔料に含まれている重金属等が問題になっており、昔の人からすると自分たちの体は何ともないのに何で土壌調査が必要なの?ということを聞かれたりします。

本当に濃度が濃い場所や汚染物質の原液を使って事業活動をされていた方は別ですが、少量の使用でも一律に評価することは、結果を伝える方からすると心苦しいところがあります。

日本の環境基準は厳しいです。本当に土地利用の用途にあわせた評価を何段階に分けて行えれば、費用に悩まずに済む人が増えるのではないでしょうか。

そのような評価がされる時が来ればうれしいですね。

 

TU

 どんなことでもお気軽に、お問い合わせください

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA