3月 28

土壌汚染対策法における義務調査の契機


みなさんこんにちは。

いつもお電話で当社へお問合せを頂きますが土壌汚染調査技術管理者試験

土壌汚染対策法による義務調査の契機がどのような形で進むのか

ということを確認されるケースが多いです。

実際にはどのような場合に義務調査が発生するのでしょうか。

 

土壌汚染対策法での義務調査は大きく2つに分かれます。(正式には3つですが)

①水質汚濁防水法及び下水道法に伴う特定施設の廃止を行った場合

②3000㎡以上の土地の改変を行う計画があり、都道府県知事が調査の必要性を認める場合

になります。

①の場合、クリーニング業やメッキ業などがよく登録されておりますので

廃止は気にかけていただければと思います。

②の場合は開発を行う場合や、解体もこの広さに該当する場合はあてはまります。

法に伴う調査が発生しそうな場合はジオリゾームへお気軽にご相談くださいね。

宜しくお願いします。

 どんなことでもお気軽に、お問い合わせください


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA