4月 20

土壌ガス調査


みなさんこんにちは

 

今日は土壌ガス調査のお話です。

general_img01

土壌ガス調査は第一種特定有害物質の調査です。

第一種特定有害物質は揮発性塩素系有機溶剤(パークレン等)と

ベンゼン(ガソリンに含まれている)の11項目とされています。

有機溶剤は多くの業種で使用されており、

土壌汚染の原因になりやすい物質です。

また、コンクリートを透過してしまう性質があり、

工場などでこぼれたり、揮発した物質が屋根で結露し

柱をつたって床面に落ちた場合でもコンクリートを透過し

汚染となって発見される場合もあります。

 

どんなことが土壌汚染になってしまうのか、

機になる方はぜひジオリゾームにご相談ください。

MY


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA