6月 24

地歴調査における登記簿調査


kinsho01土壌汚染調査で最初に実施する調査で、地歴調査があります。

過去の土地の所有者や利用方法を調べて、汚染物質の種類や汚染の可能性

を明確にするものです。

 

過去の土地の所有者を調べるオーソドックスな方法に登記簿調査があります。

古い年代の土地所有者の履歴を調べるには、閉鎖登記簿や土地台帳を情報源とします。

この作業は、新入社員には苦痛のようです。まず、数字が1,2,3ではなく、壱、貳、参で記されていることは言うまでもありません。

その上に、筆で記載されておりますので、達筆だなと思っても、当初、全く判読できない場合もあります。その場合には、別の記載箇所で同じ漢字と覚しき文字で判読できないか見るようにアドバイスしております。

当社では、土のサンプリング、分析だけではなく、このような古い記録を読み取って、

土壌汚染の可能性を探るような業務も行っており、広い分野の作業を網羅しております。

明治や昭和初期の土壌汚染をご心配の方は、是非当社にご相談下さい。

KT

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA