7月 02

山岳地帯の3000㎡以上の土地改変の土壌調査


こんにちは!玉木です。

本日は、特殊な土壌汚染調査についてお話しします。


「山岳地帯で土壌汚染調査をやる必要があるのか?」
と思われたと思います。


体験したのは、ダム工事のバッチャープラントの廃止により、
3000平米以上の土地の形質変更の届出(土壌汚染対策法第4条)
に伴う調査でした。

バッチャープラントは、生コンクリートの製造施設のことです。
ここでの有害物質は、セメントに含まれる六価クロムです。

バッチャープラント自体の面積は3000平米を超えておりませんでした。
ダム工事ではバッチャープラントと工事用道路ダム建設現場を含めた土地の
面積が形質変更範囲となるので、3000平米を超えてしまうのです。

さて、お話ししたいのは、岩盤がある場合の対応です。
ダム現場は、山岳地帯ですので、地面から岩盤となる場合があります。
さて、土壌汚染での試料採取は、あくまで土壌が対象ですので、
土壌がない場合はどうするのでしょうか?
正解は、「土壌がなければ調査の必要がない」です。
そのため、道路工事の横断図を見て、岩盤線からこの区画は全て岩盤なので調査
不要として、最初からその区画は調査対象から外したり、あるいは採取して土の有無
に応じて対応したりします。

このような市街地以外の土壌汚染調査にも対応できますので、
どんなことでもお気軽に、お問い合わせください。


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA