7月 20

土地の貸し借りにおける土壌汚染調査


こんにちは

土壌汚染調査の契機として、

工場などの事業を廃止が理由の一つにあります。

torihiki

事業主が土地を地主に返却する際に、

調査をしてみると、汚染が見つかるケースというのが多く、

汚染を除去する際の費用を、地主と事業主どちらが

払うのかなどが明確に決まっておらず、

裁判までもつれ込むことがあります。

最近では国立印刷局と財務省の100%出資子会社の

裁判がニュースになっていました。

(出典:産経新聞、yahooニュース

このような事例についてお問い合わせをいただくことは多々あります。

土地購入だけでなく、借り貸しを含む

土地取引の際にも土壌汚染調査を

行っておくこともお勧めしております。

現在貸している土地の汚染状況が気になる、

今後取引を考えている。

そんな方はぜひジオリゾームにご相談ください。

森上


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA