9月 02

地下水の観測調査


皆さんこんにちは!9月に入り、夜がすごしやすくなってきました

が、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 今回は土壌汚染調査における地下水の観測調査について書かせていただきます。 

地下水の観測調査は、地下水モニタリングとも言い、汚染が見つかった際に対象地で土壌溶出量の最も高い地点から見て下流にある最も汚染の状況を把握できる場所に観測井戸を設置し、一定期間ごとに地下水の採取、分析を行っていくことを言います。

また、このモニタリング調査は地下水の汚染が消えるまで続けるので、汚染状況を把握するために必要にもなってきます。

土壌汚染の調査で聞きたいことがございましたら

是非ジオリゾームへお問い合わせください。

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA