10月 04

土壌汚染は物質によって調査の数が増えたりします


みなさんこんにちは。

science_a02[1]

土壌汚染対策法で定められている汚染物質は25物質ありますが、検出される物質によって調査する数が増えたりします。

その物質はテトラクロロエチレンといいまして通称パークレーン、パークなどの名称で呼ばれています。

主にドライクリーニング等で使用されている物質で、水よりも比重が重いため、下部へ浸透していこうとする傾向があります。

また、この物質は分解する物質であり、3物質に分解していくのですが、さらに来年度からもう1物質増えることになり、調査コストの増額も避けられない可能性があります。

まだまだ調査の項目が増えていくので、この物質を使用しながら事業活動を行う企業は慎重な取り扱いが求められます。

汚染物質等のことでわからないことがあればお気軽にジオリゾームへお問い合わせくださいね。

 

TU


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA