10月 26

第1種特定有害物質による土壌汚染


こんにちは

塩化ビニルモノマー

第一種特定有害物質による土壌汚染が発覚した場合

汚染物質によっては、対象となる項目が増える場合があります。

例えば土壌ガス調査の結果トリクロロエチレンが

検出された場合には、シス-1.2-トリクロロエチレンや

1.1-ジクロロエチレンも調査項目の対象となります。

その理由として、土壌中の微生物や汚染物質の

状態によって、変化を起こしてしまうからです。

このような物質を分解生成物と呼びます。

土壌汚染対策法ではトリクロロエチレンや

テトラクロロエチレンなど分解生成物を持つような

汚染物質に対する調査の場合には、

分解生成物を含む項目を調査対象としています。

 

土壌汚染について気になる項目、

詳しく話を聞きたい、

そんな時には

是非ジオリゾームにご相談ください。

森上

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA