11月 08

土壌汚染対策法の4条に基づく調査「土壌汚染調査義務が発生する条件は?」


みなさんこんにちは

lgi01a201401100200[1]

よく電話でお問合せを受けるのですが

「3000㎥以上の土地の改変になると土壌汚染調査の義務が発生するのですよね」

とご相談を受けます。

半分正解ですがある条件がないと発生しません。

その条件とは

①特定有害物質が基準に適合しない土地

②特定有害物質が埋められ、飛散し流出、地下水浸透等した土地

③特定有害物質を製造、使用、処理されていた土地

④特定有害物質が貯蔵、保管されていた土地

⑤そのた①~④と同等の汚染されている土地

①~⑤判断は基本的に当該行政が行います。

上述が該当しないと、3000㎥以上の土地の改変であっても

法の対象とならないのです。

土壌汚染対策法の認識はかなり難解です。

わからないことがあればジオリゾームへお気軽にご相談くださいね。

 

TU

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA