11月 15

土壌汚染対策法での優先順位


みなさんこんにちは。

k174543071

土壌汚染調査の義務が発生する条件として

①有害物質を使用している特定施設の廃止時(法3条)

②有害物質取扱いがある場所での3,000㎡以上の土地の改変(法4条)

があります。しかし!この2つが同時に発生した場合、どちらが優先されるのでしょうか?

答えは①の法3条調査が優先されます。

こんな場合はどうすればよいのかという話が土壌汚染対策法上では多く難解な内容がかなり多いです。

ご不明な内容等があればお気軽にジオリゾームへお問い合わせくださいね。

 

TU

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA