1月 14

東京ガス工場跡地のベンゼンによる地下水汚染


皆様、こんにちは!
現在、豊洲の地下水調査で高濃度のベンゼンが検出されたことが話題になっております。

ところで、豊洲の地下水汚染の原因となった東京ガスの工場とベンゼンとはどのような関係があるのでしょうか?
意外にこの関係が認識されていないようなので、話題としました。
東京ガスは、現在でこそ天然ガスを供給しておりますが、豊洲工場が操業を開始した当初は石炭を乾留して石炭ガスを得ており、この石炭ガスを都市ガスとして供給していました。
この乾留の際に、ベンゼンが発生し、これが土壌に漏れ出し土壌や地下水の汚染を引き起こしたものと考えられます。
豊洲問題以外の様々な土壌汚染や地下水汚染についても、お問い合わせは当社にお願いします
玉木


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA