1月 16

土壌汚染浄化対策後の地下水調査


みなさんこんにちわ。

 

 

 

 

土壌汚染が発覚し、土壌を入れ替えて浄化対策を実施するケースが多いのですが、土壌汚染対策法上、それだけでは完了になりません。

浄化対策を実施した後に、地下水の調査を年4回を2年間実施しないといけません。

もちろん地下水調査では超過無しの状態が続かないといけませんが、この業務の工期を読み誤ると、後に予定している住宅の建設などの納期に影響を及ぼしかねません。
どの時点で浄化完了なのかをしっかり理解する必要がありますね。

土壌汚染問題は難解なので、お気軽にジオリゾームへご相談くださいね。

 

TU


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA