«

»

2月 06

稼働中での土壌汚染調査は慎重に


みなさんこんにちは。

土壌汚染調査は稼働中の工場でも実施するケースがあります。

埋設物の破損等の心配がありますが

どのようにして実施する必要があるでしょうか。

まずは工場の竣工図面等をしっかり確認し、埋設物の位置を確認します。

その上で、実際に埋設の桝等を開けて、配管の向きなどを確認しながら

進めていきます。

稼働中の工場が埋設事故等で生産が止まってしまうと、場合によっては損害賠償問題に発展しかねません。

稼働中の工場で実施する場合は特に気を付けて行くようにしたいものです。

いろんなケースでもジオリゾームは対応します。

お気軽に相談くださいね。

 

TU

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA