3月 02

土壌汚染調査の費用と期間 (フェーズ2調査)


こんにちは

今日は土壌汚染調査の費用と期間について

お話いたします。

土壌汚染調査の費用を算出する際には、

対象地の面積と形が必要になってきます。

土壌汚染対策法では対象地の最北端から

30m×30mのメッシュで区切り、

その範囲(900平方m)を1検体として

調査を行います。

対象地が900平方mの範囲に収まらないようであれば、

さらに30m×30mのメッシュを増やし、

調査の検体を2検体とし調査を行います。

おおよその概算ではありますが、

900平方mあたり、30万~35万円程度となります。

正確な御見積もりの際には地積測量図をいただけますと

作成させていただきます。

 

また、実際に土壌を採取する調査の期間については

土地の形状や建屋の有無にもよりますが、

建屋がある状態ですと1区画(900平方m)で施工は1日程度

更地の状態ですと、2区画(1800平方m)で施工は1日程度

となります。

次に採取した土壌を分析し、結果が出るのが、

約2週間程度。

分析結果を踏まえ報告書を作成するのに5日間程度となります。

開始から報告書の提出までおおよそ1カ月程度かかります。

 

土地売買に絡むような場合ですと土壌汚染調査を行い、

買主様からのご納得をいただいたうえで、

売買成立させておくことで、

今後のリスク回避になると思われます。

土壌汚染調査でお困りの方、

調査を依頼されている方。

是非ジオリゾームにご相談ください

 

森上

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA