3月 03

地下水経由による汚染とリスク(土壌溶出量基準)について②


お元氣様です!

先日は地下水経由によるリスクを

書かせて頂きましたが、本日は閾値の

ある特定有害物質などの計算の方法を

ブログに記載します。

皆さんはTDIという言葉をご存知でしょうか?

※舞浜にあるテーマパークではございませんよ!

【Tolerable Daily Intake:耐用1日摂取量】と呼ばれ、

ラットなどの動物実験によって判明した

リスクをUF(不確実係数100~1000)で割ったもの

によって求められる値で、人に対して

この量ならば一生涯摂取(暴露)し続けても

健康被害にならない値の事を言います。

地下水摂取の溶出量基準値はそのTDIを

人の平均体重50kg、1日水2L、寄与率(基本10%)

を考慮して求められる形になります。

■計算式

基準値(mg/L)=TDI(mg/kg/day)÷2L/day×50kg×寄与率

日本国内でも下水道が整備されて水も美味しくなり

地下水を2L 毎日飲み続ける可能性のある

住宅もそこまで多くは無いとは思いますが、

こういった安全性を持った基準が定められることに

よって国民の安全が守られていることになるんですね。

土壌汚染について気になることがある方はこちらへ!

ジオリゾーム 望月

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA