3月 08

土壌汚染調査時の土地の埋設物、それらの処分費用の負担について


みなさんこんにちは!

本日は調査時に土地で見つかる埋設物について話したいと思います。

土壌汚染の対策工事をしていると土壌の掘削時に

様々な埋設物が出てくることがあります。

先日の工事でも水道管であっただろう鉛の配管が

出てきました。

こういった埋設物は掘削するまで存在がわかりませんが

埋設物によっては処分するのに多額の費用が

かかる場合があります。

不動産売買の場合、その処分費用を買主が

売主に請求することがあります。

売買後のトラブルを避けるために土壌汚染調査は

もちろんのこと埋設物確認調査も

してみてはいかがでしょうか。

ジオリゾームまでお問合せ下さい!

佐伯

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA