工場の業種ごとの土壌汚染原因物質


こんにちは

今日は工場の種類による

土壌汚染の出やすい項目について

お話します。

土壌汚染調査では、対象地において

どのような活動をしていたかで、

汚染物質の種類を把握することができます。

例えば、

クリーニング工場では、

テトラクロロエチレンを含むVOCやフッ素

メッキ工場では

トリクロロエチレン、シアン、鉛、

カドミウム、六価クロム

半導体工場では

四塩化炭素、トリクロロエチレン、

1,2-ジクロロエチレン、セレン

などいった具合です。

また、この中でもすべてを使用している場合もあれば、

何も使用していない工場もあります。

このような情報は、管轄の区役所や

下水道局に確認する必要があります。

土地を売買する際に、過去にどのような

使用方法をされていたのか調査するだけでも

土壌汚染の可能性は把握することができます。

土地売買の際には土壌汚染調査を行うことを

お勧めいたします。

土壌汚染調査のことでわからないことがあれば、

是非ジオリゾームにご相談ください。

森上

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA