土壌汚染の措置運搬に関する基準について②


お元氣様です!

先日に引き続き運搬時の注意点をブログに記載します。

汚染土壌の混載等[規則第65条第5号]によると

運搬中に行う汚染土壌とその他の物の混合や分離は禁止

されております。

分離に関しては処理施設や要措置区域等からの

搬出前のみ異物の除去が認められております。

また、例外を除き、混載を行うと浄化の工程への

悪影響や溶出量の特性の変化が起こりうる可能性から

基本的に認められておりません。

その為、現地にて十分に分離した後に運搬をする

必要が出てくるため、地中障害が存在すると

浄化費用が更に上乗せされることになります。

土壌汚染のお問い合わせは株式会社ジオリゾームへ!

望月

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA