7月 01

クリーニング店舗における土壌汚染調査の事例~東京都にて~


お元氣様です!

最近はクリーニング店舗跡地にて

調査をしたいということでお問い合わせ頂くケースが

多くなりましたので改めて以前経験したクリーニング

店舗での調査の話の例を投稿していきます。

クリーニング店舗は住宅地の近くに存在していた

ケースが多くその後の利用にとても有効的な場所に

存在しております。

但し、過去にパークレン等の有機溶剤を使用していたり

フロン系の溶剤を使用していたクリーニング店舗の場合

土壌汚染がある可能性が高くなってきます。

以前都内で行った調査では調査時はターペンのみを

使用していたというクリーニング店舗だったのですが

土壌ガス調査を行った結果、

テトラクロロエチレン(パークレン)が検出し、

同じ土地で行っていた過去のクリーニング店舗にて

使用していたことが判明しました。

周辺に飲用井戸の設置等がなければ直ちに健康被害に

なることは考えにくいですが、資産価値を考えると

土壌汚染は大きなポイントとなってきます。

以上を踏まえて土地の購入を考えている際には

一度調査をご検討して頂けたらと思います。

土壌汚染調査の事なら株式会社ジオリゾームへ!

望月


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA