7月 14

土壌調査のボーリング調査では土質柱状図を作成します。


皆さん、こんにちは!

 

昨日地下水調査とボーリング調査について、

 

紹介させていただきましたので、

 

今日はボーリング調査の際に作成する柱状図について、

 

ご紹介します。

 

柱状図とは、土質柱状図のことを指します。

 

ボーリング柱状図とも言います。

 

現場ではボーリングによりコア試料

 

(円筒上になった土壌)を取ります。

 

試料の土質、色、含水量、硬さ等の項目を記録して、

 

パソコンで柱状図を作成します。

 

もちろん地下水が出る場合には、地下水の水位

 

も記入します。成果品の一部は図のようになります。

 

この図の様に、何メートルから何メートルまで、

 

どんな土質で、どんな特徴を有するかが

 

分かりやすく示されます。

 

土壌汚染調査で気になることがありましたら、

 

是非ジオリゾームにご相談ください。

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA