お問い合わせ

資料請求


資料


mail


電話

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

東京

03-5606-4470

大阪

06-6381-4000

草のイラスト
用途

土壌汚染物質は、過去から現在までどのような用途で使われてきたのでしょう?

業種から土壌汚染物質を検索する場合はこちら

土壌汚染物質(=特定有害物質)の主な用途

土壌汚染物質(=特定有害物質)は、過去および現在に下記のような広い用途で使用されています。 (現在使用が禁止されている用途も含みます。)

分類 項目 現在の用途および過去の用途





































クロロエチレン ポリ塩化ビニル(塩化ビニル樹脂)や塩化ビニル系共重合樹脂の原料
四塩化炭素 フロンガス原料、冷却材、消火剤、溶剤、脱脂洗浄剤、ドライクリーニング溶剤
1,2-ジクロロエタン 塗料溶剤、洗浄、抽出、殺虫、塩化ビニル中間体
1,1-ジクロロエチレン
シス1,2-ジクロロエチレン
溶剤(油脂、樹脂、ゴムなど)、医療(麻酔)
1,3-ジクロロプロペン 農薬(土壌くん蒸剤、殺菌剤)
ジクロロメタン 溶剤、冷媒、脱脂剤、抽出剤、消化剤、局所麻酔剤、不燃性フィルム溶剤
テトラクロロエチレン
(パークレン)
ドライクリーニング溶剤、原毛洗浄、石けん溶剤、その他の溶剤
1,1,1-トリクロロエタン
1,1,2-トリクロロエタン
溶剤、金属の常温洗浄、塩化ビニリデン原料
トリクロロエチレン
(トリクレン)
金属表面等の脱脂洗浄、羊毛の脱脂洗浄、香料抽出、冷媒、殺虫剤
ベンゼン 各種有機合成原料、抽出、溶剤、燃料(混入)













カドミウム及びその化合物 合金、電子工業、電池、鍍金、顔料、写真乳剤、
塩化ビニル安定剤
六価クロム及びその化合物 酸化剤、鍍金、触媒、写真、魚網染色、皮なめし、石版印刷
シアン化合物 鍍金、試薬、触媒、有機合成、蛍光染料、治金、鉱業、金属焼入れ、写真薬、医学
水銀及びその化合物

うちアルキル水銀

電極電解、金銀の抽出、水銀灯、計器、医薬、顔料、農薬、整流器、触媒 
農薬(いもち病、種子消毒)、医薬、有機合成
セレン及びその化合物 半導体、光電池、鋼材の防食被覆、特殊硝子、
乾式複写機感光体、芳香族化合物の脱水素剤、
浮遊選鉱の気泡剤、頭髪化粧水
鉛及びその化合物 合金、はんだ、活字、水道管、鉛ガラス、ゴム加硫、電池、防錆ペイント、顔料、殺虫剤、染料、塩化ビニル安定剤
砒素及びその化合物 半導体製造、殺虫剤、農薬、板ガラス消泡材
フッ素及びその化合物 フッ化物原料、歯磨き粉、フッ素樹脂、光ファイバー、冷剤、ウラン濃縮、絶縁性気体、硝子加工、特殊溶剤
ホウ素及びその化合物 冶金脱酸素剤、航空・宇宙構造材、ホウ素繊維、中性子制御、軟水剤、洗剤、特殊硝子、溶接、上薬、エナメル、緩消毒剤


シマジン
チウラム
チオベンカルブ
有機リン
農薬(パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン、EPN、土壌くん蒸剤、殺菌剤、除草剤)
PCB 熱媒、電気絶縁体、変圧器、コンデンサ、複写機、インキ溶剤、顔料、塗料、合成樹脂製造


ダイオキシン類 飛灰、焼却灰、枯葉剤(不純物として)に含有
油分 石油等

参考文献:-新版-危険・有害物便覧 中央労働災害防止協会 昭和63年10月 元素の事典 馬淵久夫 朝倉書店

土壌汚染物質は、なかなか「消えてなくならない」という特徴をもっています。土壌汚染物質を使用していた施設等が「過去存在した土地」や「今、存在している土地」は土壌汚染の可能性が高いです。

お問い合わせバナー

*業務時間外は、直接担当者に繋がります。

お問合わせ・ご相談 資料請求

お困りごとなど、お気軽にご相談ください。
スタッフ写真

東京 03-5606-4470 大阪 06-6381-4000