お問い合わせ

資料請求


資料


mail


電話

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

東京

03-5606-4470

大阪

06-6381-4000

草のイラスト
滋賀県

滋賀県では、土壌汚染対策法にさらに上乗せ事項が付加されているので注意が必要です。

滋賀県の土壌汚染に関する条例 概要 

条例 適用条件
滋賀県 有害物質の地下浸透や漏えい防止対策が義務付けられています。
もっと詳しく見る
有害物質取扱い事業所に水質検査が義務付けられています。
もっと詳しく見る
土壌汚染調査の対象となる施設が拡大されています。
もっと詳しく見る
知事が土壌、地下水措置、改善工事の実施を義務付けることが出来ます。
もっと詳しく見る

 

1.有害物質の地下浸透や漏えい防止対策の義務付け

有害物質を使用する事業所において、有害物質を含む水を地下水へ浸透が禁止されています。
また、有害物質を使用する施設以外に、保管、移送する施設についても新たに届け出を求め、漏えい防止対策を義務付けられています。

2.有害物質取扱い事業所の水質検査の義務付け

特定有害物質を取り扱う事業場では、監視用の井戸を設置し、年1回以上、水質検査結果を報告することが義務付けられています。

3.土壌汚染調査の対象となる施設の範囲拡大

平成15年の土壌汚染対策法制定以前に廃止された有害物質使用特定施設についても、土壌汚染調査が義務付けられます。
公害防止条例で排水規制の対象とされている施設についても、土壌汚染調査が義務付けられています。

4.地下水汚染、土壌汚染に対する改善工事命令

地下水の汚染が発見された場合には、知事は水質浄化の措置を義務付けることができます。
土壌汚染が発見された場合には、知事は改善工事の確実な実施を義務付けることができます。

ご質問や内容については、お気軽にお問い合わせください。

滋賀県の土壌汚染に関する条例のHPはこちら
土壌汚染調査が法律で義務付けられているケースの一覧へ戻る
都道府県条例による義務調査の事例はこちら

お問い合わせバナー

*業務時間外は、直接担当者に繋がります。

お問合わせ・ご相談 資料請求

お困りごとなど、お気軽にご相談ください。
スタッフ写真

東京 03-5606-4470 大阪 06-6381-4000