お問い合わせ

資料請求


資料


mail


電話

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

東京

03-5606-4470

大阪

06-6381-4000

草のイラスト
基準値

土壌汚染対策法で定められている特定有害物質(土壌汚染物質)は、第一種特定有害物質、第二種特定有害物質、第三種特定有害物質があります。その種類と基準値を表にしました。

加えて、ダイオキシン対策特別措置法で基準値が設けられている、ダイオキシン類や、ご質問を受けることの多い、油汚染についてもご紹介します。

土壌汚染物質(=特定有害物質)の種類と基準値

特定有害物質(土壌汚染物質)は、下記の26物質があり、それぞれ基準値が定められています。

第1種特定有害物質

揮発性の物質群です。(揮発する物質なので、一番最初の調査では、土壌ガス(土壌中の空気)中の濃度を調べる調査を行います。)

溶出量基準は、土壌中の有害物質が地下水に溶出して、その地下水を飲むことによって、体内に有害物質が取り込まれるのを防止するために設定された基準値です。一生涯(70年)汚染土壌のある土地に居住し、1日2Lの地下水を飲むものとして基準値が設定されています。
項目 溶出量基準値
(mg/L)
地下水基準
(mg/L)
クロロエチレン 0.002  0.002
四塩化炭素 0.002 0.002
1,2-ジクロロエタン 0.004 0.004
1,1-ジクロロエチレン 0.1 0.1
シス1,2-ジクロロエチレン 0.04 0.04
1,3,-ジクロロプロペン 0.002 0.002
ジクロロメタン 0.02 0.02
テトラクロロエチレン
(パークレン)
0.01 0.01
1,1,1-トリクロロエタン 1 1
1,1,2-トリクロロエタン 0.006 0.006
トリクロロエチレン(トリクレン) 0.03 0.03
ベンゼン 0.01 0.01

第2種特定有害物質

重金属類の物質群です。(土壌を採取して分析して濃度を調べます。)
重金属類では、溶出量基準値に加えて、含有量基準値が定められています。

含有量基準値は、人が土壌を直接摂取(土を食べたり、吸い込んだり)することによって、有害物質が体内に取り込まれるのを防止するために設定された基準値です。一生涯(70年)汚染土壌のある土地に居住し、一日当たり子供(6歳以下)200mg、大人100mgを摂取するものとして基準値が設定されています。
項目 溶出量基準値
(mg/L)
含有量基準値
(mg/kg)
地下水基準
(mg/L)
カドミウム及びその化合物 0.01 150 0.01
六価クロム化合物 0.05 250 0.05
シアン化合物 不検出 50 不検出
水銀およびその化合物
内、アルキル水銀
0.0005
不検出
15
0.0005
不検出
セレン及びその化合物 0.01 150 0.01
鉛及びその化合物 0.01 150 0.01
砒素及びその化合物 0.01 150 0.01
フッ素及びその化合物 0.8 4,000 0.8
ホウ素及びその化合物 1 4,000 1
項目 溶出量基準値
(mg/L)
地下水基準
(mg/L)
カドミウム及びその化合物 0.01 0.01
六価クロム化合物 0.05 0.05
シアン化合物 不検出 不検出
水銀およびその化合物
内、アルキル水銀
0.0005
不検出
0.0005
不検出
セレン及びその化合物 0.01 0.01
鉛及びその化合物 0.01 0.01
砒素及びその化合物 0.01 0.01
フッ素及びその化合物 0.8 0.8
ホウ素及びその化合物 1 1
項目 含有量基準値
(mg/kg)
カドミウム及びその化合物 150
六価クロム化合物 250
シアン化合物 50
水銀およびその化合物
内、アルキル水銀
15
セレン及びその化合物 150
鉛及びその化合物 150
砒素及びその化合物 150
フッ素及びその化合物 4,000
ホウ素及びその化合物 4,000

第3種特定有害物質

農薬類(主として過去に農薬に使用されていた物質)とPCBです。

項目 溶出量基準値
(mg/L)
地下水基準
(mg/L)
シマジン 0.003 0.003
チウラム 0.006 0.006
チオベンカルブ 0.02 0.02
有機リン 不検出 不検出
PCB 不検出 不検出

ダイオキシン類

ダイオキシン類の基準は土壌汚染対策法ではなくダイオキシン対策特別措置法に基いて定められています。

項目 含有量基準値
(mg/kg)
ダイオキシン類 1000pg-TEQ/g以下
(250pg-TEQ/g以上で要調査)

油分

油分 については、現在ガイドラインのみで、基準値は定められていません。

必要な対策は、油汚染対策ガイドラインで、以下の通りとされています。

①油汚染問題のあった土地において、その土地の現在の及び予定されている利用状況に応じ、油含有土壌に起因して生ずる油臭や油膜による生活環境保全上の支障を除去することを目的として行うものである。
②油臭や油膜は人が感覚的に把握できる不快感や違和感をあるから、油汚染問題への対応の基本はそれらが感じられなくなるようにすることである。
(油汚染対策ガイドラインp12)

このように、油臭や油膜が生活上の支障をきたさないようにすることという内容で、基準がないため業界によっては自主基準を設けている場合もあります。

お問い合わせバナー

*業務時間外は、直接担当者に繋がります。

お問合わせ・ご相談 資料請求

お困りごとなど、お気軽にご相談ください。
スタッフ写真

東京 03-5606-4470 大阪 06-6381-4000