お問い合わせオンライン相談も

資料請求


資料


mail


電話

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

東京

03-5606-4470

大阪

06-6381-4000

草のイラスト
印刷機器
つっちー

印刷工場は、売買の時に土壌汚染調査を求められることが多いって聞きました。。なぜなんです?

もりかみ

印刷工場は、印刷物に着色する「塗料」や「着色料」「溶剤」を使用します。それらに土壌汚染物質が含まれることが多いためなんです。

印刷工場を売却する際に、土壌汚染調査を求められるケースが増えています。工場の調査物質について詳しくみていきたいと思います。

印刷業・製版業で使用される土壌汚染物質は?

印刷・製版工場では、印刷物に着色する塗料や着色料、そして溶剤に含まれている有害物質などによる土壌汚染が多く見られます。

第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)

第1種特定有害物質に該当するトリクロロエチレン(トリクレン)、ジクロロメタン(メタクレン)
※トリクロロエチレンは、分解生成物(オレンジ文字)も含みます。

第2種特定有害物質(重金属類)

第2種特定有害物質に該当する鉛、六価クロム、カドミウム、セレン、水銀、砒素
※取り扱っているインクの種類によって、含有されている物質が異なります。

第3種特定有害物質(PCB・農薬類)

第3種特定有害物質は、該当するものはありません。
(対象地内にコンデンサ等があり、PCB 等を保管されている場合は調査が必要になる場合もありますのでご注意を)

これらの特定有害物質が必ずしも印刷・製版工場で使用されているわけではありませんが、土壌汚染として見つかるケースがあります。

現在は使用していなくとも、過去に特定有害物質が使用されていたケースもあります。特に、鉛や砒素などは昔の塗料には含まれていたことが多かったそうです。もちろん工場で使用されている塗料や溶剤等について詳しく調べて、使用された形跡がないものであれば調査項目から除外することも可能となります。

土壌汚染調査は義務?

環境確保条例が制定されている東京都の例を挙げさせて頂きます。
東京都では、区が独自に工場を調べ、工場を廃止する際には、環境確保条例 116 条に則った土壌汚染調査を行わなければなりません。東京都以外でも、法以外に、都道府県条例が定められているケースがありますので、ご注意ください。
※東京都以外の場合にも、有害物質を使用し行政へ届出ている場合は基本的に義務調査となります。