7月 11

土壌汚染対策法では3条調査と4条調査のどちらが優先される?


みなさんこんにちは。

Image

土壌汚染対策法では特定有害物質を使用している事業所を廃止する場合、法第3条における土壌汚染調査の義務が発生します。

しかし、もし当該土地が3,000㎡を超える土地で形質変更する場合は法第4条に該当すると思いますが、同時に実施する場合、どちらの法を優先すると思われるでしょうか。

 

回答としては法第3条調査が優先されます。

ただし、当該地が法第3条調査の調査猶予を受けている場合、3,000㎡以上の土地の改変を実施するというのであれば、調査猶予を受けていても無論、法第4条調査が適応されます。

 

土壌汚染調査の内容はかなり難解です。

調査のことであればジオリゾームへお気軽にご相談ください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA