3月 14

油汚染対策ガイドラインに基づく、油による土壌汚染調査の指針


こんにちは

今日は、油による汚染の調査についてお話いたします。

土壌汚染対策法では、油の汚染に関する規制は

定められていません。

現状では、油汚染対策ガイドライン

という油汚染の調査を進める指針を基に

調査を行っています。

土壌汚染調査とは違い、

油汚染はタンクの設置されていた場所や

埋設されていた場所を狙って

土壌を採取します。

また、埋設されているタンクの場合では、

深さによっても油の汚染が違うため、

埋設された記録が必要になってきます。

重油やガソリンなどオイルタンクを

埋設する場合、消防局への

申請が必要ですので、

記録が残っている場合があり、

油の調査をする際には、

確認をとることが必要です。

土壌汚染調査をしてみたい、

油の汚染が気になる。

そんな場合には、

是非ジオリゾームにご相談ください。

森上


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA