5月 25

土壌汚染調査の義務は誰にあるのか?「調査の実施主体」の問題。


皆様こんにちは!

先日、こんな質問を受けました。工場を閉めるので、

特定施設の廃止届けを市に提出した。

その後、土壌汚染対策法の土壌汚染調査を実施するように

連絡を受けた。

しかし、既に土地建物は競売に掛けられ、所有権は

他の人に移っている。市役所担当者は、廃止届けを出した

のだから、提出した者が調査を実施するように言われた。

本当に実施しなければいけないのか?

これは「調査の実施主体」の問題です。このような土壌

汚染対策法に基づく義務調査での実施主体は、

「土地所有者等」となっております。

ここで言う「土地の所有者等」とは、土地の所有者、管理

者及び占有者のうち、土地の掘削等行うために必要な権原

を有し、調査の実施主体としても最も適切な一者に特定さ

れるものであり、通常は土地の所有者が該当します。

質問に戻ると、所有権が移っているのであれば、調査義務

は現土地所有者となるはずです。しかし、それには、条件

があります。土地所有が移る際に、元の土地所有者と新た

な土地の所有者が土壌汚染調査を実施することを合意して

いることです。よって、合意を得ていなければ、元の土地

所有者が調査を行う義務を負うことになります。

このような土壌汚染調査の実施についてはなんでも当社に

ご相談下さい

玉木


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA