10月 17

クリーニング店舗跡地の土壌汚染調査の流れについて。目安費用と調査方法


お元氣様です!

本日は最近お問い合わせの多いクリーニングの

土地を売買するにあたっての調査の流れを

説明していきたいと思います。

ホームページにも記載してありますが実際にあった

話などを織り交ぜながら書いていこうと思います。

 

Ⅰ.まず初めに地歴調査を行います・・・25万円(税抜き)~

クリーニング店舗で使用していた

ドライクリーニングの溶剤や使用していた

場所を確認します。

①ターペンなどの石油系の溶剤を使用していた??

②パークレンと呼ばれる有機溶剤を使用していた??

③その他のドライクリーニング溶剤を使用していた??

①~②のケースになるのがほとんどですが、

たまに③のその他のものを使用している

ケースもございます。

 

■①ターペンの使用がされていた場合

→土壌汚染の可能性は考えにくいです。

ターペンを使用する以前に②を使用していたケースも

否定できませんので現在の事業主やその前に対象地にて

同様の事業がされていた場合には先代の使用状況の

確認も必要になってきます。

 

■②パークレン等の有機溶剤を使用していた場合

→土壌汚染の可能性が高くなります。

基本的にパークドライ機内にて循環して使用し

汚れた溶剤は専門業者へ委託して処理をするのが

一般的なので正しく使用している場合は

土壌ガス調査を行っても出ない場合がございます。

但し、廃棄に関する規制が厳しくなったのは

ここ最近の話ということで過去は敷地内に

垂れ流しにしていたなんて話も聞きます。

 

Ⅱ.②の場合は土壌ガス調査というものを行います・・・約20万円(税抜き)~

調査場所の主な位置はパークレンを使用していた箇所や

保管をしていた場所になります。

穴の大きさはおおむねΦ30mmで深度1.0mまで

細いガス管を差し込むことで気体を吸引します。

土壌ガスが検出されなければ調査は終了となります。

土壌ガスが検出された場合はⅢ.へ移ります。

 

Ⅲ.約10mの土壌ボーリング調査・・・約60万円(税抜き)/本

実際に土壌と地下水の調査を行います。

ボーリング調査によって土壌を確認しない事には

土壌汚染があるかどうか不明のままです。

法律上では調査の省略がされたということで

第2溶出量基準を超過した土地と判断されてしまいます。

ボーリング費用にて他の重金属類と大きく異なる点

としては分析する物質に関係があります。

パークレン(テトラクロロエチレン)にはその他に4種類の

分解生成物がございます。

分解生成物とは土壌中に存在する微生物等の影響に

より変化した物質のことを言います。

クロロエチレンについては平成29の4月から法律が変わり

分析が必要となりました。

 

クリーニング店舗の調査についての話は如何でした

でしょうか?Ⅲ.の調査を行った後に区域指定が

され浄化対策や措置をしていくわけですが

かなり深くの深度まで汚染が浸透しているケースが

多い物質ですので浄化費用が土地の価格を大幅に

上回ってしまうなんてことがよくあります。

土地を購入される際には過去の使用状況まで

目を通して安心して活用できる土地の購入を

してきたいですね。

土壌汚染調査のお問い合わせは株式会社ジオリゾームへ!

 

望月


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA