お問い合わせ

資料請求


資料


mail


電話

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

東京

03-5606-4470

大阪

06-6381-4000

草のイラスト
土地履歴調査イメージ

土地の利用履歴を調べて、汚染の可能性を調べます。土壌汚染対策法が改正され、法律や条例に基づく義務調査で、この地歴調査が必要なケースが増えています。

地歴調査とは?

地歴調査は、土地利用履歴調査や資料等調査、フェーズ1等と呼ばれたりもします。
地歴調査では、登記簿謄本や住宅地図、公的資料や市販の資料などの書類や土地に関する情報を入手して、調査対象地とその周辺の土地についての土地利用履歴を調べて、現在から過去に何があって、どんな汚染物質について汚染の可能性があるのかを調べます

地歴調査の使われ方

1.土壌汚染対策法や条例に基づく義務調査のために

国会議事堂のイメージ

土壌汚染対策法に基づく調査の際だけでなく、都道府県によっては、条例に基づく調査の際に、この地歴調査が義務付けられています。土壌汚染対策法の改正に伴う、3,000㎡以上の土地の改変の際にも、この地歴調査(=土地利用履歴調査)が必要とされるケースが増えています。条例や土壌汚染対策法での義務調査では、この地歴調査で汚染のおそれがなければ調査終了です。義務調査の場合には、当社のような指定調査機関が調査を実施しなければなりません。

2.土地の購入を検討するために

土壌を採取する調査に比べて費用がかからないため、土地の購入等を検討する際のスクリーニングとして使います。まず、地歴調査で土地の履歴をチェックしてから購入を考えれば、リスクも低費用で軽減することができます。
ただし、地歴調査で把握できるのは、あくまで土壌汚染の可能性の有無です。対象地に実際に土壌汚染があるかどうかは、表層土壌調査を行ってみなければ分かりません

3.汚染の懸念がある場合の調査計画を立てるために

地歴調査を行うことで、「何の汚染の可能性があるのか」「どこが汚染の可能性が高いのか」を調べることができます。この結果をもとに、効果的な表層土壌調査詳細調査の計画を立てることができます。

4.汚染の原因を特定するために

自主調査の場合、地歴調査を省いて土壌を採取する調査(表層土壌調査)をするケースがあります。土壌を採取する調査で汚染が発覚した場合に、汚染原因を特定するために地歴調査を行います。

5.住民への説明材料として

次の持ち主に対して、土地の使用履歴を説明して、安全性を伝えるために使用します。また、周辺住民に現在・過去の敷地の境界を示し、汚染の範囲を的確に伝えるために使用します。特に、大規模な住民説明等で大きな力を発揮します。

地歴調査の調査内容

・敷地及び事業所の概要
・土地周辺の地質・地下水に係わる資料の検討
・土地利用の変遷調査
空中写真により以前の土地の利用状況等の目視による調査
・現地周辺や土地の過去の利用状況を知る人への聞き取り調査
・現地踏査
があります。

どの内容を行うかは、調査の目的によってことなります。
詳しくは、地歴調査の事例紹介地歴調査の費用をご覧ください。

次の、表層土壌調査に進む

お問い合わせバナー

*業務時間外は、直接担当者に繋がります。

お問合わせ・ご相談 資料請求

お困りごとなど、お気軽にご相談ください。
スタッフ写真