お問い合わせ

資料請求


資料


mail


電話

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

東京

03-5606-4470

大阪

06-6381-4000

草のイラスト
土のイメージ

当社では、土壌汚染調査・浄化の他、土壌の水分保持曲線を求める試験(土の保水性試験)も行っております。

水分保持曲線の用途

汚染土壌の影響解析、雨水の浸透解析など。
汚染土壌の解析のために土質別の推定値を使う場合もありますが、やはり採取した土の実際の値を調べるのが理想的です。このための試験が土の保水性試験(pF試験)です。これで求まる水分保持曲線により不飽和透水係数を推定することができます

不飽和透水係数の推定

土の中の水の移動についての試験として飽和透水係数が良く知られております。しかし、現実の土に対しては飽和していない不飽和の状態も考慮する必要があります。この不飽和の状態における透水係数を直接試験で求めることが困難なため、直接的な試験ではなく間接的な方法によって求めております。当社では、このための試験を行っております。

不飽和透水係数を求める手順

1.水分保持曲線

①現地の土を乱さない状態で100mlのコアで採取します。
②試験室で飽和させます。
③様々な力(砂柱法、加圧板法、遠心分離)で段階的に脱水させその各段階の質量を測ることで、それぞれの段階における水の保持量を求めます。


試験装置:(株)土木管理総合試験所

④pFと体積水分量との関係をプロットしvan Genuchtenの式にフィッティングさせ、係数(a、n)を求めます。

2.飽和透水係数の測定

現場透水試験や室内透水試験により求めます。

3.不飽和透水係数の推定

ここで、k :不飽和透水係数
     ks :飽和透水係数   が求められます。

土の保水性試験についてのお問い合わせは、こちらから承っております
試験の条件、価格、納期については当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

土壌汚染調査の流れに戻る

お問い合わせバナー

*業務時間外は、直接担当者に繋がります。

お問合わせ・ご相談 資料請求

お困りごとなど、お気軽にご相談ください。
スタッフ写真