3月 16

土壌汚染対策法 土壌汚染の区域指定とは


みなさんこんにちは

土壌汚染の区域指定についてのお話です。

掘削状況

掘削状況

 

表層土壌調査(土壌汚染状況調査)の結果、

特定有害物質が基準を超過した場合

要措置区域もしくは形質変更時用届出区域に指定されます。

要措置区域とは、対象地付近で地下水を飲用に

使用していたり、

簡単に人の出入りが行われる場合等、

健康被害が出る可能性がある

という場合に指定されます。

形質変更時要届出区域は、

健康被害のおそれがないとみなされる場合に指定されます。

どちらの指定に関しても、行政の台帳に記載されてしまいます。

 

土地を購入したものの、区域指定されており、

対策が必要と行政から指示がありまして・・・。

というご相談を受けることもあります。

 

土地の購入を検討されているのであれば、

土壌汚染調査を行うことをお勧めいたします。

調査の際には是非、ジオリゾームにご相談ください。

MY

どんなことでもお気軽に、お問い合わせください


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA