4月 25

土壌汚染調査(溶出量調査)について。


こんにちは

土壌汚染調査の際に、溶出量調査というものがあります。

 

溶出量調査とは、水に溶けやすい形態をした

有害物質の濃度を調べる調査です。

なぜそのような調査をするのかというと、

水に溶けやすい形態をした有害物質は、

雨によって汚染範囲を広げ、

地下水まで到達します。

そして、地下水を飲料として使用されている方が

摂取してしまうと健康被害が出てしまうのです。

土壌汚染のことで気になることがある、

こんなところがわからない、

そんな時には

是非ジオリゾームにご相談ください。

森上

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA