2月 15

都内で見られる鉛による土壌汚染


東京都で調査を行う場合、

鉛が環境基準を超過してしまうケースが

あります。

一般的に鉛は自然界にも多量に存在します。

例えば石の中にも基準値を超過する鉛が

含有されています。

他にも家や工場を建てる際に、

盛土を行っており、その中に基準値を

超過してしまっている土壌が含まれている場合が

あります。

また都内では戦時中に空襲を受けた場所で

焼夷弾に含まれていたとされる鉛が

検出されることがあります。

すぐに健康被害が起こるような濃度では

無くとも、土地売買の条件として

汚染が見つかった場合には浄化対策を

行うことが組み込まれている場合があります。

売買の間際になってからでは、

対策を講じるのに後手に回ってしまいます。

土地の売買を検討されている方は、

土壌汚染調査を行うことをお勧めいたします。

土壌汚染調査で分からないこと、気になることが

ございましたら、

いつでもジオリゾームにご相談ください

森上


コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA