4月 25

土壌汚染調査の溶出量試験と含有量試験


みなさんこんにちは0d6dc2e4a8aba62cd0e230819c0b2622

土地評価を実施するにあたり、土壌汚染調査を実施していますが、そもそも何に対してのリスクを調査していると思いますか。

 

そもそも土壌汚染のリスクは、地下水に溶け出すリスクを溶出量試験で、ほこりなどから直接接種するリスクを含有量試験で数値化し評価しています。

しかし、都会では水道水で生活し、アスファルトやコンクリートで覆われているため直接の地下水や土を接種する機会は少ないと思います。

土壌汚染というとすごくイメージが悪いと思いますが、よほど高濃度なもの以外たちまち影響を与える問題ではないです。

考え方は色々あると思いますが、土壌汚染のことでわからないとこがあればジオリゾームへお気軽にお尋ねくださいね。

 

TU

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA