8月 22

土壌汚染調査のボーリング調査とは、どんな時に必要なのか。


こんにちは

今日はボーリング調査のお話です。

表層土壌調査で、

土壌ガスの検出、または溶出量基準、

含有量基準の超過が確認された場合

ボーリング調査が必要になります。

 

表層土壌調査では、土壌汚染の有無だけではなく、

土壌汚染の平面的な広がりを調査します。

特定有害物質に指定されている26項目の物質が、

どのような分布で土壌汚染になっているのかを

把握することができます。

 

一方ボーリング調査は、ガスの検出された地点や

基準値の超過が確認された場所で、

土壌汚染の深さ方向の広がりを把握することができます。

 

土壌汚染の平面的な広がりと、

深さ的な広がりを把握することで、

土壌汚染の広がりを立体的に把握し、

汚染土壌の除去、等を行います。

 

土壌汚染のことで、

気になること、わからないことがございましたら、

お気軽にジオリゾームにご相談ください。

 

森上

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA