お問い合わせ

資料請求


資料


mail


電話

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム

東京

03-5606-4470

大阪

06-6381-4000

草のイラスト

スタッフブログ

2020年

ガソリンスタンドの土壌汚染とは。


こんにちは!

新型コロナウイルスは怖いですね。
外出の自粛をされている方々も多いのではないのでしょうか。
家の中でも体を動かして健康に過ごしましょう!
ガソリンスタンド
今回はガソリンスタンドの土壌汚染についてお伝えしたいと思います。土壌汚染対策法の特定有害物質で、ガソリンスタンドで考えられるのは1980年代以前に有鉛ガソリンとして含まれていた「鉛及びその化合物」と現在もガソリンに1%ほど含まれている「ベンゼン」です。またガソリンスタンド内に洗車施設がある場合は溶剤内に「フッ素及びその化合物」が含まれている可能性があります。また、法的拘束力はありませんが、「油分」は臭い等が問題になるため油汚染対策ガイドラインが定められています。

男性
ガソリンスタンドは、主に自主的な調査になります。
しかし、独自でガソリンスタンドを廃止時に調査が義務付けられている行政があります。主に川崎市や大田区、愛知県などが挙げられます。調査契機として、ガソリンスタンドを廃業し、土地の形質変更する際に調査を行います。ガソリンスタンドの土地を売買し、その後もガソリンスタンドとして使用する場合は必ずしも調査しなくてはいけないということではありません。
ただ、その時点でのガソリンスタンドの土壌汚染の状況を把握するための調査を行うことがあります。
ジオプローブ
調査方法としては、地下タンク・配管からの漏洩が土壌汚染の主な原因であることから、ボーリングマシンを使用して、地下埋設物の直下で土壌を採取します。
義務調査の場合、土地の利用履歴を調べる地歴調査が必要になりますが、その後は上記の調査内容と同様になります。
ガソリンスタンドで調査を行う場合は安全を考慮して原則営業終了後に行うことが一般的
 されています。もし、営業時に行う場合は十分に対策をとったうえで調査を行う必要があります。


ガソリンスタンドの土壌汚染として抑えるポイントは、下記の通りとなります。
➀基本的には自主的な調査であるが、行政によっては廃止時に義務的な調査になる。
➁ガソリンスタンドを廃業して、他の土地利用にする際に調査を行う
*現状把握のための調査も行うことがある。
➂地下タンクや配管下の土壌採取を行い、その際にはボーリング機械を使用する。

ガソリンスタンドは特に地下埋設物等によって見えない汚染が広がっている可能性があります。
ガソリンスタンドの廃業やその土地の売買を考えられているようでしたら、弊社にお気軽にご相談ください。お問合せはこちらからどうぞ!

鈴木

■□関連□■
ガソリンスタンドの売却
都道府県条例一覧
ガソリンスタンド跡地の調査事例


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください