6月 28

癌の村って、ご存知ですか?~中国土壌汚染に纏わる悲劇~


皆さん、こんにちは!

近年、中国の大気汚染が日本に影響を及ぼ

ニュースをよく目にします。

その為、日本社会も中国の環境汚染に対しての関心が

高まっています

今日は中国の土壌汚染についてのお話を致します。

10前から、メディアでは各地の「癌の村」についての

記事を報道するようになりました

名前の由来は村人90%以上が

癌に罹るというところからきております。

場所はバラバラですが、癌の村の特徴

にはいくつかの共通点があります。

交通不便,貧困,有害物質を使用する工場,汚染」です。

癌の原因は工場からの排水は処理しないままで排出され、

川や農地に流されいたことに原因があります

汚染された地下水を飲み、

汚染した川水により汚染された農地から収獲された

農産物を毎日食べている村人はすぐ癌になりました。

例を挙げると、河南省のある癌の村では、井戸から

飲用水となる基準の73倍のアニリンが検出されました。

しかし、交通が不便のため、他の地域に住む多くの

人々は癌の村の存在を全く知りませんでした。

地方政府は工場が締まり、税金の収入が減少することを

恐れてこの事実を公表せず、一方で地元の人々も

農産物が売れなくなることを恐れて、

メディアからの質問に対しての回答に抵抗がありました。

最近ではインターネットからの強い反発により、

地元の人や地方政府「経済よりも人の健康と環境が大事」

という考えに変わり始めました。

しかし、浄化対策には長い年月が必要になる為、

今もまだ継続して行われております。

中国の土壌汚染に関する記事は弊社の

情報誌じおじお7月号にもあります。

ご興味があったら、是非ご覧ください。

土壌汚染に関するどんな細かい質問があったら、

どうぞジオリゾームにご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA